MENU

「最後に一言ありますか?」‐好印象を残す3つのポイントとは?

最後に何か言いたい事はありますかと急に聞かれた時の返答

面接の最後のは緊張がピークに来ているので、気持ちが切れてしまっているかもしれません。

しかし転職の面接でも就職のための面接でも「最後に何か言いたいことはありますか?言えなかったことはありますか?」と聞かれた時は非常に重要な瞬間です。

どんなに面接が上手くいっていたとしても、印象というのは最初と最後に決まると言っても過言ではありませんので、最後まで気を抜かず良い印象を残せるようにしましょう。

ではどのように返答すると良い印象を残して面接を終えられるでしょうか?

 ■面接官の心に残る好返答‐他の人と異なる答え 

「最後に何かありますか?」と聞かれた時に、他の人との差別化を図ることも強い印象を残す方法です。
もちろん奇抜な返答をしたり、感情を害するような返答をするべきではありません。

通常の返答であれば、自分の気持ちを話したりするものですが、この最期の瞬間を使って面接官に質問をしてみるという方法は自分を強くアピールする機会となります。

例えば、どのような質問が面接官の心をつかむことができるのでしょうか? 

面接官として企業の中で選ばれている人なので、いろいろな苦労をしてきている事が推察できます。
ですから大先輩としての面接官に会社への気持ちを話してもらうことができます。

これは先輩への敬意の表れであり、さらに自分もこの会社で働きたいという現実的な願いを持っていることをアピールすることにもなります。

例えば「1年目の社員に対してどのような要求を持っておられますか」「きっと数ある企業の中からこちらの会社を選ばれたのだと思いますが、なぜこちらの会社に務めることにされたのですか」と聞いてみることができます。 

中小企業であれば、面接官が社長ということもありますので、その際には経営の大変な点や会社をスタートするようになったきっかけを聞くこともできます。

自分の事を話す機会はその人をリラックスさせることもできますし、気持ちを同調させる効果もありますので、面接への良いイメージへとつながります。
 

最期に自分の言葉で熱意を短く語る

面接官の質問は、最期に「一言」ということなので、あまりにも長い返答をする必要はありません。
面接でまだ話していない自分の事や会社の印象について話すことができます。

例えば「自分には○○という部分があるので、会社の中では○○の分野で貢献ができると思います」「○○という分野で先進的な働きをしている会社で働ける自分を想像するだけでワクワクします」という返答はとても良い印象を残せるものです。

短い言葉ですが、本当に入社を望んでいることを伝えることができ、具体的に会社について考えているというイメージを残すことができるわけです。

面接官がかつて抱いていたような熱い気持ちを短く述べるなら、気持ちを共有することができ印象がとても良いものとなります。
 

■返答の内容も重要だが、目線や仕草も大切

語る内容も人の心に深い印象を残すものですが、印象は言葉だけで決まるものではありません。
面接官は長い期間にわたって人を観察している人事のスペシャリストです。

どんなにキレイな言葉を並べたとしても「本当にそう思っているのかどうか」ということをすぐに見分けてしまうものです。
面接官が心を見極める時に注目するのが目線や仕草というものです。

話をしている時に視線が定まっていない、相手の目を見て話さないなら、最期に語る内容が上辺だけのものとして判断されてしまう可能性があります 

ですから、きちんと面接官の目を見て「最後の決意表明」をしましょう。
そして人は熱意を持って語る時には自然と見ぶりが加わるものです。

ですから最期の一言の時には、大きく身ぶりや手振りを使って強い印象を残すようにしましょう。
日本人はこうした表現方法が苦手なので、強い眼差しや大きな身ぶりは他の候補との差を出すポイントにもなります。

ぎこちなくても感情を表現することは面接官の心に残ります。 

このように面接官に「最期に何か一言ありますか」と言われた時には、3つのポイントを意識しましょう。

一番良くない返答は「特にありません」というものです。
これは「やる気がない」「自分の意見を言わない人」「ディスカッションができない人」というイメージに繋がってしまいます。

拙くても自分の言葉で熱意を伝える、これが基本です。

メニュー

このページの先頭へ