MENU

口癖から分かる仕事ができない人の特徴

自分のすべき事が理解できていないのに返事をする

「はい、わかりました!」

このような返事はとても良いものです。
しかし本当に言われている内容を理解しているのであればという条件があります。

仕事についてまだ良く理解していないにも関わらず、このように答える人は仕事がなかなか上達しません。

「わかりました」と答える事で、すでに仕事の内容を理解したということになっているので、先輩からさらに詳しい説明を聞くことができなくなります。

もちろん、最初のうちは「分かりません」と答えるなら怒られてしまうこともあります。
しかし分からないにも関わらず、分かったふりをするのは非常に礼儀に欠けていることです。

分からないまま仕事をすることで当然トラブルが起きる可能性は高くなり、結局のところその先輩に迷惑をかけることになります。

先輩は教えるという役目もありますが、あなたが理解していないまま仕事を進め失敗したたことで、先輩に対する上司からの評価は下がることになるわけです。

ですから、本当に分からない時には分からないと素直に言いましょう。
もちろん何度も何度も同じミスを犯していけないので、説明を受ける時には、次は一人でもできるように真剣に説明を聞きましょう。

 
ナルシストに多いパターン 

「ごめん、ちょっと忙しい」

本当に忙しく余裕がない場合には、当然このコメントを言うこともあるでしょう。

しかしいつも「最近忙しくて時間がない」「今は忙しいから無理」と言っている人は、本当に仕事があり忙しいわけではないケースが多いようです。

本当の意味で仕事のできる人は、人前で「忙しい」というコメントは使いません。
なぜなら「忙しい」と言うなら、タイムマネジメントができない人間だということを自分で認めることになると理解しているからです。 

では忙しいという人はなぜこのコメントを使うのでしょうか?
忙しいとアピールすることで自分に注目してもらいたいという気持ちがあります。

たくさん仕事があるから忙しくなっている事、こんなに忙しいのに頑張っているという事をアピールしたいというわけです。

こうした人が一番最初に考えることは仕事ではなく、自分に自惚れているタイプが多いようです。
こうした人ほど、何かというと「忙しい、忙しい」と言い、あまり仕事をしませんので仕事は最後まで上達しません。


自分で物事を考えない人の使う口癖 

「先輩、どうすればいいですか?」

どうすれば良いのかを人に聞くことは悪いことではありません。
しかし与えられた仕事に取り掛かる前に自分で考えもせずに、他の人に聞くことはあまり良いことではありません。

「どうすれば良いですか」という言い方は、新入社員に多い言い方のようですが、これは失敗を恐れるあまり正解をすぐに知ろうという心理状態が表れています。

人から正解を与えてもらうことに慣れている人は、自分で物事を考える習慣がなく新しい事をなかなか覚えることができず、その後も仕事に熟達することは難しいでしょう。 

ではどのような言い方をすれば良いのでしょうか?

「このような方法で良いと思ったのですが、この方法で良いでしょうか?」と聞くことができます。

この言い方であれば、自分で勝手に仕事を進めることにはならず、さらにきちんと先輩方のアドバイスを求めています。
加えて、自分なりに仕事をどのように行なうのかを考えているということも周りに理解してもらうことができます。

このような仕事への取り組み方であれば、たとえ今回の方法が正しくなかったとしても自分の頭を使って仕事をする習慣を身につけることができますので、仕事の上達は早くなるでしょう。


発言の仕方で相手への印象が決まる

今回は3つの言い方が相手に与える影響と仕事の習得という両面で良くないということが良く理解できたと思います。

仕事ができる人は、他人にアドバイスを求めますが、先に自分で懸命に方法を考える人です。
そして責任感を持っていますので、分からないのに分かっているかのような素振りや発言をすることはありません。

このような言い方を何気なく使ってはいないでしょうか?

こうした言い方は、実は癖になってしまっているケースもありますので、同僚や先輩に一度聞いてみると良いかもしれません。

いつも一生懸命仕事に打ち込んでいるのに言い方が悪いために、仕事に真剣に取り組んでいないと判断されてしまうのも勿体ありません。

口癖から仕事のできない人と見られないように注意しましょう。

 

メニュー

このページの先頭へ