MENU

30歳以降に転職をして年収が良くなるためには

20代のうちから30代での転職のため準備をする 

仕事に対する思いは時代に応じて変化をしているものです。

数十年前であれば、30歳になるまでに大手の企業に就職し、安定した仕事や給料を手に入れ、家族を持つというのが一般的な流れでした。

その後は家族のために懸命に働き続けるという事が、仕事に対するモチベーションとなっていました。
特に戦後に生まれた世代にはこうした考え方がありましたが、結婚や仕事に対する考えはこれまでの考えとは大きく変わってきています。


働く意味を見つける

どんなに辛い仕事であっても一度手にした職を手放すことなく頑張り続ける、全ては家族のために!

これが多くの男性の仕事に対するモチベーションとなり、日本の高度経済成長を支えていましたが、こうした見方には変化が出てきました。

以前であれば大企業に就職し、結婚をして家族を支えていくということをゴールと考えていました。
しかし近年この「家族や結婚のため」という考え方に変化が出てきています。

結婚は焦ってしなくても良い、子供も作らなくても良いという考え方を持っている方の割合が増えてきているので晩婚化、少子化ということにつながっています。

ですから30代になってから転職を行なうためには、自分がなぜ働いているのか、なんのために努力をしているのか、将来はなにをしたいのかということを明確に理解している必要があります。

いわば仕事に対するモチベーションということです。

ただなんとなく働き、なんとなく転職するということでは転職を成功させることはできませんし、転職後にも働く意味を見いだせなくなる恐れもあります。


30歳になってからの転職活動での優先順位

自分がなんのために転職を行なうのかという事が明確になっていないと、転職のための職探しも難しくなります。

単に大手の企業に入って給料が良くなればいいと考えているなら、仮に大手に就職したとしても経済的な状態ゆえにリストラ要員になったり、満足できるほど給料が良くならない場合はどうなるでしょうか?

おそらく30代の若い内から仕事へのモチベーションを完全に失ってしまいます。
ですから転職をする時には、自分がなにを一番望んでいるのかということを正直に考えるようにしましょう。

プライベートの時間を充実させることを願っているのか、将来の安定のための福利厚生か、海外への移住ができるのか、どのようなスキルを伸ばせるのか等です。

自分の心に尋ねてみましょう。 

こうした事を20代のうちから考えておくなら30代で行なう転職に備えることができます。

何もスキルがない、職場での経験値も増えていないということでは30代の転職時には自分で職場を選ぶことはできないでしょう。

なんとかして転職するという事で精一杯になり、こうした転職はプラスになることはほとんどありませんし、待遇などの条件が悪くなってしまうだけです。

ですから30代での転職の目的を20代のうちから考えておきましょう。
少しでも自分の心の願いに従った選択ができるように能力を精一杯伸ばすことが重要です。

こうしておけば年収UPを目的に30歳になってから転職する時でも、こちらが職場を選ぶ事ができるようになります。


30代での転職のための準備 

何度か説明しましたが、20代にどう過ごすのかということは30代での転職に大きく影響してきます。
20代の内にはいろいろと悩むこともありますが、次のような3つの見方は転職のための良い心の準備になります。

20代の頃には自分があらゆる面に未熟だと感じて、どんな分野においても自信が持てないという方もいらっしゃいます。
しかしこうした考えは誰もが持つもので心配する必要はありません。

未熟だと感じたとしても確実に経験や能力は増えていますので、新しい能力を身につけられるような仕事をどんどん探して失敗してみましょう。

20代の時には何度も仕事に対するモチベーションを失う事もあるでしょう。
そんな時には30歳になった時に今の頑張りが意味を持ってくる、そのために頑張ろうという気持ちを持ちましょう。 

20代のうちに仕事を変えてしまおうと考えることもあるかもしれません。
しかし若いうちに職場を変えてしまうと、また一からスタートになりスキルを伸ばすという面ではマイナスになる事もあります。

焦って転職を決定してしまわないように、30代になって年収が良い仕事に就くために今があるという考えを忘れないようにしましょう
この気持ちだけでも日々のストレスに耐える事ができます。

メニュー

このページの先頭へ